失くした歯の代わりになるインプラント

虫歯や歯周病などで失くしてしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込んでから被せ物をして人口の歯を作る治療がインプラント治療です。インプラントの構造には、主にインプラント体やアバットメントと呼ばれる接続部分、白い被せる歯といったものがあります。インプラント体はチタンで作られているもので骨の中に直接埋められる部分です。チタンは生体親和性が高いので、金属アレルギーの人も安心して治療を受けられます。アバットメントと呼ばれる接続部分は、インプラント体の上に取り付けられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造を支える役割があります。そして、実際に見える部分が白い被せる歯で、これは白いセラミックの被せ物です。天然の歯と同じような光沢があり、この部分だけを外して掃除したり交換ができるような仕組みにもできます。インプラントは、骨にしっかりと固定されているので話しにくかったり噛みにくいといった問題がないことや、自然で綺麗な歯といった見た目が特徴です。

none